ギャラリー
left
TOP info onlineshop blog Gallery Review!! mail menu
right
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ビーズフラワーの本
 ビーズフラワー関連の珍しい本を入手しました。
ビーズフラワーの本は少なく、近くに先生がいない時は、なかなか独学が難しいです。
もし、本がお役に立てれば幸いです。
本は、大事に保管されていましたが、古い本のため黄ばみ及び傷等があることをご了承願います。
価格は、入手する際にかかった送料等を上乗せした設定になっています。
発送は、エクスパック500で送る予定をしております。(別途送料が500円かかります。)
冊数が少ないため、売れてしまったら、入手困難と思われます。
どうぞこの機会をご利用下さい。
オンラインショップから購入可能です。

ビーズのマスコットの本の中には、プリムラの作り方、レンゲソウ、パンジー等6種類のミニフラワーのレシピが載っています。
小さいお花を作ってパソコンの近くに飾っておいて、お仕事のあいまにホット一息。

プリムラ
| eco-plaza.com | ビーズフラワー 豆知識 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
ビーズフラワーの歴史 (Venice, Italy)
“IFiori di Venezia"(Flowers of Venice)、Giovanna Poggi Marchesi によって書かれた本の記述では、ビーズフラワーの起源は、中世イタリア、ベネチアにさかのぼる。
一番古い文献は、1499年出版された、元老院議員Aldus Manutius の著書”Hypnerotomachia Poliphili" である。ガーデンデザインの記述の中でビーズフラワーが取り上げられている。
ビーズフラワーは、ベネチアのビーズ職人らの奥さん達によって始まったと言われている。
彼女らは、教会の祭壇や披露宴会場のテーブルを飾るのにビーズフラワーのアレンジメントを作って売っていた。何世代も経てベネチアでは、その技と伝統は受け継がれ続けた。
19世紀に、フランス在住のEilaliaとAmalia Doriga姉妹がベネチアにビーズフラワーのブームをもたらした。多くの女性がビーズフラワーでお金を稼いだ。ビーズフラワーで作った葬式用のリースは、主にフランスへ輸出された。
19世紀後半から、女性が、余暇を楽しむゆとりを持てるようになり、趣味としてビーズフラワを作り、それをインテリアとして飾って楽しむようになった。
しかし、第二次世界大戦後ビーズフラワーはイタリアで廃れてしまった。
| eco-plaza.com | ビーズフラワー 豆知識 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
宝石の写真図鑑―完璧版
宝石の写真図鑑―完璧版 (JUGEMレビュー »)
キャリー・ホール, 宮田 七枝

鉱物図鑑みたいで初心者にもおすすめです。
鉱物図鑑 パワーストーン百科全書331―先達が語る鉱物にまつわる叡智
鉱物図鑑 パワーストーン百科全書331―先達が語る鉱物にまつわる叡智 (JUGEMレビュー »)
志村 幸蔵,八川 シズエ

まさに全書です。読み飽きません。
クリスタルバイブル
クリスタルバイブル (JUGEMレビュー »)
ジュディ ホール

ヒーリング効果について詳しく書かれています。

このページの先頭へ